青汁の種類で効果が違う

野菜不足や体調改善に良く飲まれる青汁ですが、なかなかおいしい青汁というのにはめぐり合えないです。良薬は口に苦しとは言いますが、できれば口にするならおいしいものがいいですよね。

野菜不足を補うための青汁はどうしても野菜などを含むため青臭さが抜けないものが多いです。かといって甘めに調節してあるものもありますがそういったものは糖質が多いです。野菜不足を解消しても今度また別の病気になってしまうのではと思ってしまいます。野菜不足を補う青汁の課題はなかなか難しいところです。

ただ体を調節するための青汁はおいしいもの癖の無いモノが多くあります。特においしいと感じたのは桑でつくる青汁です。桑で作る青汁は野菜不足の解消ではなく、デトックス効果が主になります。便通がよくない人や肌質が気になる方は食事と一緒にこの桑の青汁を飲むといいです。また桑は漢方にも使われるほどのもので、桑茶というものもあるので、桑の青汁もほぼお茶のようで飲みやすいです。桑は糖質カットする効果があるので、食事のときに飲むことでその効果をしっかりと体感することができます。

青汁一つにしてもいろんな種類があるのでみなさんの体の状態に合わせて青汁を選んでみてはどうでしょうか?