お酢の健康効果と合わせ酢の特徴とレシピ

お酢は生活において良く利用される調味料として、健康効果も期待できる事から多くの人が積極的に取り入れています。その中で合わせ酢は酢の物やあえ物に良く使われる日本では有名なお酢の種類です。合わせ酢は、酢にしょうゆやみりんなど調味料やだし汁を混ぜ合わせたものでを指します。お酢については知っていても合わせ酢について理解している人は少ないとも言えます。
【お酢の健康効果について】
お酢は健康効果が期待できると多くの人が認知しているポイントですが、お酢の代表的な効果としては、防腐や抗菌効果、食欲増進や疲労回復のサポートがあります。他にも減塩料理の旨み増幅やカルシウムの吸収力アップなど多くが期待できます。現在では肥満などの生活習慣病が心配されていますが、お酢を毎日摂る事で、内臓脂肪を減少させる効果が期待出来る研究データが発表されました。肥満気味の方が毎日お酢を摂った事で内臓脂肪や体重やBMIも下がったことが確認されました。多くの人が生活習慣病について懸念していると思いますが、肥満にもお酢の効果は期待できると言えます。
【合わせ酢の種類について】
合わせ酢は、種類が多くあり、好みで作る事が出来ます。合わせ酢の中でも佐土酢は、カツオ節を加える事で、旨味を増した合わせ酢です。旨味の追加で、お酢の酸味がまろやかになります。佐土酢のレシピとしては、調味料とかつお削り節3gを合わせて、ひと煮立ちさせて完成です。二倍酢は、酢醤油とも呼ばれていて、砂糖を使用しない事から甘みは出さずに コクを出したい時に使用されます。お酢と醤油を合わせるだけなので、簡単に作る事が出来ます。酢のもの全般の基本的な調味料として使われる三杯酢は、お酢と醤油に砂糖を加えたもので酢の物やあえ物など広く利用されています。健康に良いとされているお酢も合わせ酢を考えると多くの種類があるので、理解をして料理の用途に合わせて利用する事がおすすめです。