お酢を美味しく摂って、骨粗しょう症予防。

お酢には秘めたパワーが沢山あることに、皆さんは本当に気づいていますか?地道にお酢を摂取することで、一見目に見えにくい内臓脂肪を予防してくれたり、実は強い骨の形成にも関係があるっていうことを。なんと日本人の50歳を過ぎた女性の実に3分の1の割合でその症状を抱えていると言われる骨粗しょう症の予防になるとされるお酢の効果とその効果的な摂り方についてご紹介したいと思います。
骨粗しょう症を予防するのには欠かせないカルシウム。このカルシウムですが、お酢と組み合わせすることで、その吸収力がアップするそうです。
そうした効果を引き出すレシピがこちら、「カリカリじゃこの、甘酸っぱいソースがけサラダ」です。作り方は至って簡単。フライパンで油を使いカリカリにしたじゃこに、刻みネギ適量、おろし生姜適量、お酢大匙2杯・醤油大匙1,5杯・砂糖大匙1,5杯を混ぜ合わせた合わせ酢を入れます。それを、ちぎったレタスの上に回しかけるだけ。合わせ酢は、お醤油や砂糖の代わりに麹を使って加減しても美味しいですよ。