体に優しいかきたま汁は万能だしで

日本人の食事といえば和食。ご存知の方もいるかとは思いますが、和食は2013年12月4日にユネスコ無形文化遺産へ登録されました。それだけ貴重かつ大切な文化であると世界に認められているのです。和食といえば白いご飯に味噌汁の組み合わせではないでしょうか。また、だしと卵を使ったかきたま汁は食卓定番になっているのではないでしょうか。(かきたま汁に使った手軽な万能だしは通販で購入することができます。)

和食の定番汁物

日本人として、よく食べるのはなんといっても味噌汁です。味噌汁は、朝食や夕食の定番となっていますね。汁物があると、体がほっとするので食事の時には準備することが多いです。
しかしその一方で、塩分が気になるところです。特に味噌汁の場合は、塩分が多く含まれているのでその塩分量に注意をする必要があります。その時、とてもよい調味料としてお酢があります。お酢をスープなどに入れるなんてと、思うこともあるでしょう。ところが日本以外の国では、どんどん使っているのです。トムヤンクンなどは、酸っぱさがクセになる味ですね。そんな風に、お酢をスープに使うことにより調味料として用いることができます。

汁物にお酢ですっきりレシピ

ここでは、卵スープにお酢を後から使うことをおすすめします。味として、そんなに酸っぱさを感じないのでとても食べやすいです。ぜひ、作ってみてくださいね。

・卵スープのつくり方
卵スープは、卵とだしと片栗粉だけで作ることができます。シンプルに作りたいと思う時には、それだけで十分です。その時、片栗粉を入れることにより、とろみがつくのでとても食べやすくなります。そして特に冬には、そんな風にとろみのあるスープがオススメです。保温性があるので、温かいまま食べることができます。
そして具沢山にしたい場合は、そこに野菜をたっぷりといれましょう。玉ねぎやネギ、ニラなどの野菜は疲れを取ることができます。

・卵スープにはお酢
出来上がった卵スープに、少量のお酢をかけます。最初は、そのままで食べて食べている途中で、かけてもいいですね。すると、ちょっと酸っぱいと感じます。もっと酸っぱいのがいいと思う時には、どんどんかけてもいいですね。酸っぱさが癖になる一品です。
卵スープは、たくさん作っても大丈夫です。冷蔵庫で保存をして、その後にまた夕食などに食べることができます。お酢を使うと、さっぱり感が増すので食欲をそそります。